都内で受けられるSHR脱毛は、以下の通りです。

アイセル ロゴ アイセル 新宿本店
所在地 東京都新宿区新宿3-31-5 新宿ペガサス館5階
アクセス 丸ノ内線、副都心線『新宿三丁目駅』A5出口から徒歩5分
営業時間 11:00 〜 22:00
定休日 年中無休
地図


ストラッシュ ロゴ ストラッシュ 新宿西口店
所在地 東京都新宿区西新宿7丁目1−8ヒノデビル7階
アクセス 新宿駅西口改札より徒歩4分
営業時間 日〜木 11:00〜21:00、金・土 10:00〜22:00
定休日 なし
地図


ストラッシュ ロゴ ストラッシュ 新宿南口店
所在地 東京都渋谷区代々木2-13-6 YU-WAビル5F
アクセス JR新宿駅南口改札から徒歩4分! 大江戸線新宿駅6番出口から徒歩30秒!
営業時間 日〜木 11:00〜21:00、金・土 10:00〜22:00
定休日 なし
地図


ストラッシュ ロゴ ストラッシュ 渋谷中央店
所在地 東京都渋谷区宇田川町26−5育真ビル3F
アクセス 渋谷駅から徒歩5分
営業時間 11:00から21:00
定休日 なし
地図


ストラッシュ ロゴ ストラッシュ 池袋東口店
所在地 東京都豊島区南池袋1-21-4 繁昌社南池袋ビル9F
アクセス 池袋駅東口から徒歩1分
営業時間 11:00から21:00
定休日 なし
地図


ラココ ロゴ ラココ 銀座本店
所在地 東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス2F
アクセス 銀座線・銀座駅 C2かC3出口(徒歩2分)
日比谷線・日比谷駅 A13出口(徒歩4分)
千代田線・日比谷駅 A13出口(徒歩4分)
有楽町線・有楽町駅 A4a出口(徒歩4分)
三田線・日比谷駅 A5出口(徒歩4分)
営業時間 平日10:30から21:30(最終受付20:30)
土日祝日10:30から20:00(最終受付19:00)
定休日 不定休
グーグルマップ


ラココ ロゴ ラココ 新宿南口店
所在地 東京都渋谷区代々木2丁目6-8 中島第一ビル5F
アクセス JR・各地下鉄 新宿駅 徒歩5分
営業時間 平日10:30から21:30(最終受付20:30)、土日祝日10:30から20:00(最終受付19:00)
定休日 不定休
地図


ラココ ロゴ ラココ 新宿三丁目店
所在地 東京都新宿区新宿3-11-9 花菱ビル 10F
アクセス 都営新宿線新宿三丁目駅より徒歩1分
営業時間 平日10:30から21:30(最終受付20:30)、土日祝日10:30から20:00(最終受付19:00)
定休日 不定休
地図


ラココ ロゴ ラココ 渋谷店
所在地 東京都渋谷区桜丘町16-6 サンライズ桜丘ビル 101号室
アクセス JR渋谷駅南口から徒歩3分
営業時間 平日10:30から21:30(最終受付20:30)、土日祝日10:30から20:00(最終受付19:00)
定休日 不定休
地図


ラココ ロゴ ラココ 恵比寿店
所在地 東京都渋谷区恵比寿西2-10-8 ダイカンイーストB1F
アクセス JR山手線・東京メトロ日比谷線の恵比寿駅/徒歩6分、東急東横線 代官山駅/徒歩6分
営業時間 平日10:30から21:30(最終受付20:30)、土日祝日10:30から20:00(最終受付19:00)
定休日 不定休
地図


ラココ ロゴ ラココ 池袋店
所在地 東京都豊島区東池袋1-40-2 近代グループBLD.8号館8F
アクセス JR池袋駅 東口 徒歩6分
営業時間 平日10:30から21:30(最終受付20:30)、土日祝日10:30から20:00(最終受付19:00)
定休日 不定休
地図


ラココ ロゴ ラココ 大森店
所在地 東京都大田区大森北1-10-14 大森複合施設ビル Luz大森2F
アクセス JR大森駅 徒歩3分
営業時間 10:00?21:00(最終受付20:30、初回来店は20:00迄)
定休日 不定休
地図


ラココ ロゴ ラココ 赤羽店
所在地 東京都北区赤羽南1-3-1 高橋ビル3階
アクセス JR埼京線赤羽駅/徒歩4分
営業時間 平日10:30から21:30(最終受付20:30)、土日祝日10:30から20:00(最終受付19:00)
定休日
地図


SHR脱毛の人気はここ数年で右肩上がりですが、導入サロンがまだまだ少なくて、通える人はかなり限られています。

そんな中で、都内でSHR脱毛を受けられるのは、すごく得した気分です。

「ワキから全身に脱毛範囲を広げたい」
「今通っているサロンに不満を感じている」
「脱毛がまったくの初めて」

SHR脱毛はいずれの方にも選ばれていますが、特に次のような女性におすすめです。

なぜなら、これらはすべて従来方式の弱点だからです。

  1. 早く終わらせたい

  2. 日焼けしやすい

  3. 肌の色が元々黒い

  4. 色素沈着が気になる

  5. 産毛までしっかり処理したい

  6. 痛みを感じやすい


従来の脱毛方式の弱点


脱毛方式の弱点を指摘

従来の脱毛方式とは、医療機関の「レーザー」をはじめ、多くのサロンで導入されている「IPL方式」や「SSC方式」です。

これらすべての従来方式に共通しているのが、「メラニン色素への依存」です。

メラニン色素に依存した従来方式には、次のような弱点が見られます。

  • 通う期間が長くなる

  • 日焼けや色黒だと断られる

  • 色素沈着した部位は出力を下げられる

  • 産毛には効果が落ちる

  • 痛くないのはレーザーと比較した場合


通う期間が長くなるのは、施術間隔を2ヶ月から3ヶ月空けなくてはいけないからです。

施術間隔を空けなければいけないのは、毛周期に合わせなければいけないからです。

毛周期は「成長期」「休止期」「退行期」からなりますが、厳密には「成長期」に合わせます。

毛周期のサイクルの移行は概ね2ヶ月から3ヶ月なので、施術間隔は空き、通う期間は長くなります。

レーザーやIPL方式やSSC方式といった従来方式の施術では、光を黒いメラニン色素に反応させて熱でダメージを与えています。

虫眼鏡で黒い紙を燃やすのと同じです。

従来方式では毛根の黒いメラニン色素に反応させますが、実は全部が黒いわけではありません。

「成長期」の毛根しか黒くないんです。

毛抜きで引っこ抜いたときに、根元が白い毛を見たことはありませんか。
※毛抜きは埋没毛など肌トラブルの原因になるので、試さないでください。

だからこそ従来方式では、成長期に合わせなければいけないんです。

そして従来方式が日焼けや色黒の肌に弱いのは、メラニン色素に反応させているからこそです。

本来なら肌と毛の色を区別できますが、日焼けでメラニン色素が増えて皮膚が黒くなると、毛根だけへの照射が難しくなります。

脱毛効果が落ちるばかりか、ヤケドのリスクも高まってしまいます。

メラニン色素に反応させて、熱でダメージを与える仕組みだからです。

日焼けや色黒の肌だと断られるのは、このためです。

また、デリケートゾーンなどにできやすい色素沈着による黒ずみに対しても同様ですが、対応は異なります。

日焼けのように炎症の恐れがないデリケートゾーンに対しては、出力を下げて照射してもらえます。

ただし、満足できる効果を得るまでには、回数も期間も多くなりがちです。

そして、「日焼け」「色黒」「色素沈着」と正反対なのが、産毛です。

産毛は細くて柔らかくて、そして何より色が薄いですよね。

つまり、メラニン色素が少ないんです。

ということは、照射されたレーザーや光が反応しづらいので、効果は当然落ちてしまいます。

メラニン色素に反応させる従来方式の脱毛は、コレまでに多くの女性を満足させてきました。

でも、こうした弱点があるのも事実です。

そして最後に、脱毛サロンではどこでも「痛くない」とアピールしていますが、あくまでもクリニックでのレーザー脱毛と比較した場合の話です。

脱毛機の出力が制限されているサロン同士では、痛みの違いなんて数字では証明できません。

つまり、「痛くない」という口コミは、あくまでも個人の感覚であり主観にしか過ぎないんです。

今までは、脱毛に感じているこれらの不満は我慢するしかなくて、他に選択肢なんて存在すらしていませんでした。

でも都内なら、従来方式の弱点を克服したSHR脱毛が受けられます。

SHR脱毛の効果


弱点の克服

SHR脱毛の効果をまとめると、次のようになります。

  1. 毛周期を無視できる

  2. 日焼けや色黒でも安全

  3. VIOの色素沈着にも対応

  4. 産毛にも効果が落ちない

  5. 現状では一番痛くない


SHR脱毛は、メラニン色素に依存していません。

そのため、従来方式での弱点をことごとく克服しています。

SHR脱毛は従来方式と効果の面で、大きな違いが見られます。

まず、SHR脱毛はメラニン色素に反応させないので、毛周期に合わせる必要がありません。

毛根が黒くなる成長期を待つ必要がないので、月イチペースで施術が受けられるスピード脱毛が可能になっています。

SHR脱毛でのスピード脱毛なら、半年で6回完了させられて、もちろん効果も期待できます。

そしてSHR脱毛は、色黒の肌や色素沈着した部位にも安全に照射できますし、効果も落ちません。

色素の薄い産毛にも、変わらない効果を発揮できます。

気になる効果を得る仕組みですが、SHR脱毛では毛根ではなく毛包に蓄熱して毛にダメージを与えています。

毛包への蓄熱によって、成長期の毛だけに限らず、今生えているすべての毛に作用します。

毛包には発毛因子を産出するバルジ領域が含まれるので、これから生えてくる毛に対しても効果を発揮します。

効果の感じ方で大きく違うのは、抜ける感覚です。

「SHR脱毛は抜けない」という口コミが投稿されているのは、その最たる例です。

つまり、「毛根をやっつける」というよりも「元を絶つ」のがSHR脱毛の特徴で、「抜ける」というより「生えなくなる」と言った方が正しいです。

そしてSHR脱毛は、サロン同士で比較しても痛くありません。

個人の主観ではなく、数字による証明です。

痛みの正体は施術時に受ける熱のダメージですが、痛さは温度に比例します。

レーザー脱毛では約200℃、IPL方式やSSC方式では約80℃ですが、SHR脱毛では約50℃と低温です。

現状では一番痛くないと言われている根拠は、50℃という低温での施術です。

SHR脱毛が主流になるのはまだまだこれからですが、大手サロンも導入に踏み切る決断をしています。

やがてはSHR脱毛が主流になる日がやってくるでしょう。

都内なら、他の地域に先立ってSHR脱毛が受けられます。

SHR脱毛も完璧ではない


不完全

SHR脱毛はこれまでの脱毛方式の弱点をことごとく克服しましたが、だからといって完全無欠ではありません。

期待しすぎで逆に注意したいポイントをまとめてみました。

  • 抜ける感覚は味わえない

  • 場所によっては痛い

  • 6回じゃ多分足りない

  • 日焼けして赤くなった状態ではムリ


SHR脱毛は「抜けない」というより、「元から絶つ」ので毛が生えなくなります。

自己処理の頻度はきっと、少なくなっているはずです。

SHR脱毛は低温ですが、熱によるダメージがゼロになったワケではありません。

骨に近い部位や皮膚の薄い場所は痛みを感じやすいので、完全無痛は過大評価です。

SHR脱毛なら確かに半年で6回完了しますが、必ずしも効果に満足できるとは限りません。

完了するのはあくまでも6回という回数で、口コミによれば満足するまでには12回は必要という意見が多数派です。

SHR脱毛がいくら日焼けした肌でも安全とは言っても、さすがに炎症を起こした状態では断られてしまいます。

積極的に日焼けしながらの脱毛は、できません。

ただ、どれも致命的とは言えません。

SHR脱毛が従来方式と比較して弱点が極端に少ない事実は、全然変わりません。

都内で脱毛するなら、SHR方式が断然おすすめです。

都内でSHR脱毛が受けられるサロンを紹介するので、プランや料金についてもチェックしていきましょう。

ストラッシュの脱毛プラン


ストラッシュのロゴ

ストラッシュでは全身脱毛がメインですが、パーツ単位での契約もできます。

通い方や支払い方法が違う3種類のプランが用意されています。

また、他社からの乗り換えで使える割引「リベンジ脱毛割」は、要チェックです。

全身脱毛の施術範囲


ストラッシュ 全身脱毛 施術範囲

ストラッシュの全身脱毛には、顔全体が施術範囲に含まれます。

鼻下やアゴ周りだけではなく、額(おでこ)や頬まで含まれます。

VIOももちろん含まれます。

1度の施術で、全身1回が完了します。

パックプラン

ストラッシュの全身脱毛パックプランの料金や特徴は、以下の通りです。

回数 料金
6回 95,760円
12回 181,800円
18回 262,440円
無制限 369,800円


通う間隔 1ヶ月
施術時間 60分
シェービング代 無料
支払い方法 現金・カード・ローン
乗り換え割 最大6万円
予約変更期限 前日20時


月額制

ストラッシュの月額制の料金は、月々7,980円です。

1ヶ月に2度通い、2ヶ月に計4回の施術で全身1回が完了します。

通う間隔 1ヶ月に2度
施術時間 60分
シェービング代 1,000円
支払い方法 カード・口座振替
乗り換え割 対象外
予約変更期限 前日20時


都度払い

ストラッシュは、全身脱毛でも都度払いができる珍しいサロンです。

料金は21,980円と割高ですが、回数を重ねれば割引されていき、最安値では14,120円にまで安くなります。

一通りお手入れが終わった経験者向けのプランで、初心者には不向きです。

料金が割高で、不定期に通っていては効果の実感が遅くなるからです。

通う間隔 単発
施術時間 60分
シェービング代 1,000円
支払い方法 現金・カード
乗り換え割 対象外
予約変更期限 前日20時


部分脱毛の料金プラン


ストラッシュは、部分脱毛でも通えます。

Sパーツは12回で32,010円、Lパーツは18回で93,030円です。

ストラッシュの乗り換え割


ストラッシュでは、他社からの乗り換えの際には割引が利用できます。

「リベンジ脱毛割」といういわゆる乗り換え割は、最大で6万円も安くなります。

契約時に他社の会員証を提示するだけでOKですが、適用対象はパックプランと無制限コースだけです。

月額制と都度払いには、乗り換え割は適用されません。

ストラッシュはこんな人におすすめ



  1. 都内でSHR脱毛を受けたい女性

  2. ワキから全身に脱毛範囲を広げたい女性

  3. 今通っている脱毛サロンに不満を持っている女性

  4. 衛生環境にもこだわりたい女性

  5. 乗り換え割を利用したい女性


ストラッシュのキャンペーンサイト


ラココの脱毛プラン


ラココのロゴ

ラココでは全身脱毛がメインですが、パーツと回数を自由に組み合わせられるオーダーメイド脱毛での契約もできます。

全サロンで比較しても、私の知る限り料金は最安値です。

パックプラン


ラココの全身脱毛パックプランの料金や特徴は、以下の通りです。

コース名 顔、VIOナシ 顔orVIOアリ 顔、VIOアリ
5回 49,000円 59,000円 69,000円
6回 72,000円 90,000円 108,000円
12回 117,600円 141,600円 165,600円
18回 176,400円 212,400円 248,400円


通う間隔 1ヶ月
施術時間 60分
シェービング代 無料
支払い方法 現金・カード・ローン
乗り換え割 10%分の商品券
予約変更期限 3日前まで


オーダーメイド脱毛


ラココのオーダーメイド脱毛の料金は、毎月3,000円です。

部位と回数が自由に決められるので、部分的に補完したい経験者におすすめのプランです。

ラココの乗り換え割


ラココにも乗り換え割が用意されてはいますが、10%分の商品券です。

支払う金額が安くならないのは残念ですが、元が安いので大した問題にはなりません。

ラココはこんな人におすすめ


  1. 都内でSHR脱毛を受けたい女性

  2. ワキから全身に脱毛範囲を広げたい女性

  3. どうせなら料金は安いほうがいい女性


ラココのキャンペーンサイト

アイセルの脱毛プラン


アイセルのロゴ

アイセルでは全身脱毛がメインですが、パーツ単位での契約もできます。

通い方や支払い方法が違う3種類のプランが用意されています。

「お試しプラン」「集中プラン」は、アイセルならではです。

初回お試しプラン


アイセルの初回お試しプランなら、SHR脱毛の効果を格安で体験できます。

施術部位は両腕全部か両脚全部のどちらかですが、1回3,240円でお試しできます。

月謝制プラン


アイセルの月謝性プランとはいわゆる月額制で、ローンを組んでの分割払いではありません。

毎月支払いが発生する支払い方法です。

月額料金は月々9,980円で、1ヶ月に2度通います。

2ヶ月で計4度の施術で、全身1回が完了します。

シェービング代は、1,000円必要です。

通常プラン


1ヶ月に1度通う回数パックプランです。

6回の料金は、96,000円です。

シェービング代は無料です。

集中プラン


1ヶ月に2度通う回数パックプランです。

6回の料金は108,000円で、3ヶ月で完了します。

シェービング代は無料です。

部分脱毛


Sパーツは2,000円で、Lパーツは8,000円です。

効果に満足できなかった部位の仕上げに、利用したいプランです。

アイセルの乗り換え割


アイセルでは残念ながら、乗り換え割は用意されていません。

激戦区の新宿でたった1店舗で頑張っている零細サロンに、そこまで求めてはいけません。

ただアイセルでは乗り換え割がない代わりに、予約の取りやすさにはとてもこだわっています。

店舗のキャパシティを越えないように、新規募集には制限をかけています。

だからアイセルは、予約がどこよりも取りやすいんです。

アイセルはこんな人におすすめ


  1. 都内でSHR脱毛を受けたい女性

  2. 3ヶ月で効果を実感したい女性

  3. 予約の取りやすさを第一に考えたい女性



アイセルのキャンペーンサイト



都内のSHR脱毛各サロンの比較


SHR脱毛各サロンの違いを、一覧にまとめました。

サロン名 ストラッシュ ラココ アイセル
料金 95,760円 69,000円 96,000円
回数 6回 5回 6回
乗り換え割 最大6万円 10%分の商品券 なし
保証期間 10ヶ月 6ヶ月 6ヶ月
予約の取りやすさ
予約変更期限 前日20時 3日前 2日前


ラココにも6回のプランはありますが、メインは5回です。

アイセルには、1ヶ月に2度通える集中プランも用意されています。


都内でSHR脱毛を受けるなら


選ぶ

都内でSHR脱毛が受けられるサロンは「ストラッシュ」「ラココ」「アイセル」ですが、私ならストラッシュを選びます。

値段は最安値ではありませんが、相場よりも安いので申し分ありません。

比較の際に重視したのは、保証期間や予約変更期限といった通いやすさに関わる項目です。

ストラッシュを選んだのは、イレギュラーに柔軟に対応してくれそうだからです。


申込みボタン